今なら廃車買取一万円


by mac-trading
カレンダー

<   2006年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

トヨタと電通の力

村西とおる監督が自分のホームページでメディアの裏側について暴露していたので一部を紹介しよう。

トヨタ(2006.05.23)
ひと昔前の話でございます。AVデビューした三人の女の娘に豊田カローラ・豊田セリナ・豊田セリカの名前を付け「豊田三姉妹」として売り出したことがございます。
悪意からではなく「カローラ、セリナ、セリカ」という名前が、なんと詩的に女性美を表わしているナイスな名前だ、とむしろ賞賛の意味を込めて期待の新人に名前を付けたのですが、悲しいかな敵は電通を動かし私を激しくパージしてきたのでございます。

「村西は何を考えているのだ、こちらの申し立てをする機会もないままに、有力男性誌は勿論エロ業界誌まで豊田三姉妹の名前を付けた私の作品を紹介する記事は、一切掲載不可となったのでございました。
トヨタと電通、そのコンビのマスコミに対する圧倒的な影響力を思い知らされたのでございました。
米国トヨタの社長がセクハラで秘書から訴えられた、という事件、請求した巨額な慰謝料と被害をうけた、とされる美人秘書、マスコミにとっては「おいしい事件」の筈ですがとんと続報が聞かれません。
またぞろあの強力コンビのパワーが炸裂したことによるものでしょうが、日本のマスコミの表現の自由とはこんなものでございます。

☆村西とおるの世界☆
「監督コラム」をご覧ください!
[PR]
by mac-trading | 2006-05-30 07:25
Excite エキサイト : 社会ニュース

朝日新聞社長の息子が大麻で実刑判決を受けた。
執行猶予中の再犯だ。
偉大なる朝日新聞の大社長は、息子が大麻で何度捕まろうとも、辞任する必要などはないのであろう。
そのまま立派に社長に居座っている。

日本テレビも負けてはいない。
イケメン炭谷アナウンサーは、女子高生のスカートの中を盗撮して現行犯で捕まっても、それを週刊文集にスクープされても、いまだに立派にアナウンサーの職を全うしている。
他人の犯罪はどんどん暴いても、天下の日本テレビのアナウンサーは、自分自身がどんなにハレンチなことをしても、プライバシーや身分が守られるのであーる。
きっと社員のために戦ってくれるすばらしい労働組合もあるに違いない。
読売テレビは実名で報道「たかじんのそこまで言って」。(3分22秒)

在京のテレビ局も新聞も、それを良しとして、どこも一切報道しないのであーる。
それどころか、テレビに出まくりのみのもんたは、生放送中に居眠りをしていて、もはや報道どころではないのであーる。
(みのもんたの居眠りがテレビカメラに写ると、スイッチャーがあわてて場面を切り替えるのであーる。居眠りしていても、高額なギャラがざっくざっくと入ってくるみのもんたは、団塊の☆であーる。)

こんな日本のマスコミは、偉大なる金正日の万歳報道しかしない、隣国北朝鮮の報道機関とそっくりなのであーる。
おめでたい日本の中心から、おめでたい日本のマスコミに万歳(マンセーイ!)を叫ぼうと思うのであーる。

偉大なる朝日新聞社長の長男実刑 「社会戻ったら親孝行を」 [ 05月29日 15時48分 ]
共同通信

 麻薬取締法違反(使用)と大麻取締法違反(所持)の罪に問われた元フリーテレビディレクターで、秋山耿太郎・朝日新聞社長の長男竜太被告(35)に対し、東京地裁は29日、懲役1年2月(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。
 村瀬均裁判官は「別の薬物事件で有罪判決を受け、その執行猶予中であり、責任は重い」と実刑の理由を述べた。言い渡し後、竜太被告に「刑務所生活が長くなるが、社会に戻ったらやり直し、少しでも親孝行してください」と語り掛けた。
 判決によると、竜太被告は3月8日ごろ、東京都渋谷区の東京メトロ渋谷駅近くで合成麻薬MDMAの錠剤を服用した。また同10日ごろ、渋谷区の路上で乾燥大麻約1・4グラムを所持していた。
[PR]
by mac-trading | 2006-05-29 23:11
今年からF1に参戦しているチームスーパーアグリが予想通り苦戦している。
でも、短期間でチームを立ち上げて、今F1に参戦していること自体が奇跡だと思う。
F1にチームとして参加するために必要な供託金が54億円。
さらに、英国のファクトリーの維持費だけでも、毎月3億円もかかるのだ。
それを乗り越えて、チーム結成を実現させたアグリは立派だ。男の中の男だ。

今の日本には、村上某とかホリエモンとかオジャマモンとかいう金儲けの天才はたくさんいる。
だが、みんながわくわくするような夢を追いかけている金持ちがいるだろうか?
アグリが現役のF1レーサーだったとき、スポーツ新聞に「アグリの年収は5000万円」と書かれて猛烈に抗議した。
「世界の頂点に立ったF1レーサーの収入がそんなに少なくては、子供達の夢が壊れる」と怒ったのだ。
今もアグリは、「私には不可能という言葉はない」と夢の実現に向けてチームの運営に命をかけている。

実はチームスーパーアグリを、あのサマンサタバサ ジャパンがスポンサーしている。
今度、男性向けのブランドを出すにあたり、「日本の男の子の元気がなさ過ぎる。もっと元気になってほしい。」と、夢を追うアグリを応援しているのだ。

今晩は、モナコグランプリだ。
テレビ観戦しながら、一緒にアグリの夢を追いかけたいと思う。
F1通信
[PR]
by mac-trading | 2006-05-28 16:28 | F1
JUMVEA(Japan Used Motor Vehicle Exporters Association) reported that more than 940,000 used motor vehicles were exported from Japan in 2005.

The 2005 exports were up 13.6% compared with 2004.
Exports to Russia grew from the previous year's 122,174 units to 268,685 units in 2005.
The increased volume bound for Russia contributed to the entire growth of the exports.
[PR]
by mac-trading | 2006-05-27 10:31 | Japanese used cars
日テレ盗撮アナ・炭谷宗佑(すみたに・そうすけ)の事件について、実名報道しないマスコミの姿勢が問題になっている。

5月21日放送の読売テレビ「たかじんのそこまで言って」において、宮崎哲弥氏と橋下弁護士がメディアの腐敗を糾弾している。

テレビ局のアナウンサーが盗撮事件を起こし、その事実を本人が認めているというのに、日本テレビは「社員のプライバシーに関わる問題である」として、社内にかん口令をひき、事件のもみ消しを計っている。
さらに、この事件を他のメディアが報道しないということは、メディアの社会的責任を放棄した談合体質の露呈にほかならない。
これは、非常に大きな問題であるので、下記のリンクぜひご覧いただきたい。

読売テレビ「たかじんのそこまで言って」。(3分22秒)
ABC放送「ムーブ」。(7分24秒)
元日テレの薮本アナ 後輩の盗撮擁護?
[PR]
by mac-trading | 2006-05-24 14:04
(前回より続く)

夕ごはんを済ませてケンジとミチコが広場に戻ると、仮面ライダーはボンカレーを食べていた。
「たいしたもん食ってねーなあ。」とケンジがつぶやくと、
「いなかの悪ガキはしょうがねえなあ。」と笑っていた。

「おじさん、おれんち民宿やっててさ、かあちゃんがうちの風呂に入っていいって言ってたよ。」
「ホントかよ。そりゃーありがてえや。でも俺はおじさんじゃねぇーぞ。おにいさんて呼べよ。わかったか?」

いっしょにケンジの民宿に行くと、ケンジのお母さんにむかって、
「いいお子さんですね。」
なんて、お世辞を言っていた。
さっきまで、悪がき呼ばわりしていたのに。ケンジはおかしかった。

夏休みが終わって、運動会の練習が始まった頃、ケンジあてに手紙が届いた。
中には、ポチを抱いてバイクにまたがったケンジの写真だけが入っていた。
差出人の名前は書いてなかった。

二十歳になった夏に、ケンジはバイクで旅に出た。
まっすぐのびる田舎の国道を走っていると、前から給食袋を蹴りながら5人の小学生がやってきた。
すれ違う瞬間に左手でピースサインを出して、バックミラーを覗くと、飛び跳ねながら手を振る悪ガキどもの姿が見えた。
フルフェイスのヘルメットの中で、ケンジはひとりつぶやくのだった。
「いなかの悪ガキはしょうがねえなあ。」

f0088641_9331430.jpg

[PR]
by mac-trading | 2006-05-23 09:28 |
いつも草だらけの広場で、三角ベースの野球をするのがケンジの夏休みの毎日だった。
陽が傾いてきて、いつもならケンジのおかあさんが「ごはんだよ」と呼びにくるころ、今日は突然一台のオートバイがやってきた。
バイクと言えば、郵便屋さんのカブしか見たことのないケンジ達にとって、大きな荷物をシートにくくりつけた一台のバイクは、野球を投げ出すには十分だった。
広場のすみにバイクを停めると、仮面ライダーのような長靴を履いたその人は、ヘルメットを脱いで荷物を降ろし始めた。
ケンジ達八人と妹のミチコが連れてきたポチに見守られるなか、オレンジ色のテントが出来上がった。
そこで学級委員のマコトが代表して質問することになった。

「どこから来たんですか?」
「東京から」
「わー東京だってよ。すげえなあ。」
ケンジ達はわけもわからずに大喜びだ。やたらすげえを連発している。
でも東京がここからどのくらい遠いのか見当がつかない。
「ガソリンスタンド5回ぐらい入ったんですか?」
さすがにマコトは頭がいいとケンジは思う。
「いや、10回ぐらい入った。」
「すげー、ガソリンスタンド10回も入ってきたんだってよ。遠いところから来たんだな。」
黒い大きなオートバイは、少年達のあこがれを一つに集めていた。
ケンジがタイヤに触ろうとすると、
「勝手にさわるんじゃない。」と怒られ、
妹のミチコがポチをテントの中に入れてしまうと、
「悪ガキどもはあっちに行け!」と追い払われてしまった。

(続く)


f0088641_1321179.jpg

[PR]
by mac-trading | 2006-05-22 13:21 |

子供を守るには?

Excite エキサイト : 社会ニュース

子供が犠牲になる悲しい事件が続いている。
通学途中の事件を防ぐには、アメリカのように「大人の同伴」を法律で義務付けるしかないだろう。
アメリカでは、通学に限らず、子供たちだけで家にいると、「ホームアローン」という犯罪になってしまう。子供たちだけでは、侵入してきた犯罪者から身を守ることができないから、常に大人が一緒にいなければならないという発想だ。
そんな法律を知らない日本人が、アメリカで子供を家に残して外出してしまって、近隣住民からの通報で逮捕される事件も実際に起きている。
親が外出するときは、ベビーシッターを頼んで子供の面倒をみてもらう。
するとこんどはそのベビーシッターが子供を虐待したりすので、監視カメラ(Hidden Cameraという。まさに盗撮だ!)でベビーシッターを監視したりするのだ。
そのくらいアメリカの子供が巻き込まれる犯罪は深刻だ。
子供が怪我をして病院に連れてこられると、医師は虐待の可能性がないか、全身の痣や過去の骨折歴がないか調べるという。
私の知り合いだったアメリカの小児科医は、虐待の可能性がある親を警察に通報したことが実際にあると言っていた。

日本でも子供たちを守るセキュリティーグッズが売れているという。
いくつか調べてみたので、実際に使われている方がいたら、そのご感想をコメントいただきたいと思う。


☆警視庁「子どもを犯罪から守るために」☆
☆セキュリティ情報.com☆
☆どこイルカ☆
☆ココセコム☆
☆ウィルコム位置検索サービス☆
☆au安心ナビ☆
☆ここっぴ☆
☆ここだよ、みつけて☆
[PR]
by mac-trading | 2006-05-20 09:23
Excite エキサイト : 社会ニュース



日本テレビの炭谷宗佑(すみたに・そうすけ)アナウンサー(26)が、今年2月にJR横浜駅構内で女子高校生のスカート内を盗撮したとして、神奈川県警戸部署から県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検されていた。「むらむらして興味本位でやった。申し訳ない」と容疑を認めたという。同アナは県迷惑防止条例違反で書類送検され、起訴猶予処分となった。

炭谷アナは慶大経済学部を卒業後、平成14年4月に日本テレビに入社。
イケメンな顔立ちな上に英語も堪能でサッカー、NFLなどのスポーツ中継のほか、人気料理番組「新どっちの料理ショー」(木曜後9:00)のアシスタントを務めていた。

日本テレビ総合広報部は「個人のプライバシーにかかわることでお話しすることはない。当該社員には適切な対応をとった」としている。

キー局のアナウンサーが盗撮した事実を認めたのだから、懲戒解雇が無理でも即刻依願退職が世間の常識だ!
日本テレビには、メディアとしての自覚はないのか?
炭谷アナウンサーが犯した破廉恥な犯罪より、それをもみ消そうとする日本テレビのほうが破廉恥だ。

炭谷アナウンサーの信条は、「辛いときが伸びるとき」。
彼の報道人としての命は「すでに絶たれている」のでこれ以上成長することもないと思うのだが、彼の周りにそれを告げる人はいないようだ。
一部の報道では、父親が大企業の役員で、そのコネを使って日本テレビに入社したとも言われている。
そのコネで今回ももみ消しをはかったのだろうか?
[PR]
by mac-trading | 2006-05-19 09:30
Excite エキサイト : 経済ニュース

古本買い取り販売のブックオフコーポレーションは16日、女性パートから入社した橋本真由美常務(57)を社長に昇格する人事を発表した。

そう、最初はパートから入った主婦が、上場企業の社長になってしまったのですよ。
実はおいら、かつてブックオフの本社を訪問したことがあるんだ。
当時ニューヨークに住んでいたので、日本に一時帰国した時にブックオフの役員さんに会って「ニューヨークに店舗を出したい!」と話してみたんです。
その役員さんは商社に勤務されていた方で、「海外出店の計画はありません。せっかくいい会社にいるのだから、辞めることはないですよ。」と、その話は流れてしまいました。
でも、その後同社はニューヨークに出店し、おいらはマックトレーディングを立ち上げたのですよ。
あの時ブックオフに転職でもしていたら、おいらが社長になっていたかな?なんて考えてしまいました。

古本でも中古車でも、価値のあるものは定価のきまった新品より商売になることがあるんですよね。
ちなみに橋本新社長はタレントの清水国明さんの姉だそうです。

☆本を売るならブックオフ☆
[PR]
by mac-trading | 2006-05-18 21:12